美意識のツボ

モデルに学ぶナチュラルメイク術とは

今回メイク術を参考にするのは、ナチュラルメイクの似合うモデルの『森絵梨佳』さん。グラマラスなメイクも、キュートなメイクもどんなメイクも似合うモデルさんですよね。特にマネしたくなるのがナチュラルなメイク。はかなくてつい守りたくなるようなナチュラルメイクを森絵梨佳さんから学びましょう!

ポイントその1は「ナチュラルなベースメイク」です。下地で肌をトーンアップさせた後、コンシーラーを使って肌トラブルをカバーしていきます。ポイントはどれも薄く、気になる箇所だけに塗ること。顔全体に濃く塗ってしまうとナチュラルとは程遠くなってしまいます。

ポイントその2は「ふんわりとした眉」。はっきりと書くのではなくパウダーを使ってふんわり描くのがナチュラルに仕上げるコツです。

ポイントその3は「ぱっちりとした目」。ここで大事なのが濃くはっきりと描くのとは違うということです。あくまでもナチュラルに、でもくりっとした目を作ることで幼くかわいらしい印象を作ることができます。アイライナーもまつ毛の隙間を埋める程度に。涙袋を描いてうるっとした目を作るのもポイントです。

ポイントその4は「高い位置のチーク」です。通常よりも目元に近い位置にチークを入れるのがポイント。常に微笑んでいるような、優しい顔を作ることができます。チークをするときはニコッと笑ってみて頬の一番高いところにほんのり入れると高い位置に入れることができますよ。

最後のポイントは「リップ」です。赤く濃いものは強い印象になってしまいます。ほんのり色づく程度に、唇の中央に指でトントンとつけるのがポイント。ふくらみのある唇がナチュラルメイクには欠かせないのでぷっくりした唇になるように意識するのも大事です。