美意識のツボ

妊娠中と産後の肌荒れ対策は同じでいいのか?

妊娠中や産後の肌荒れに悩んだ経験がある方は、意外と多いものです。妊娠中と産後の肌荒れにはどのような違いがあるのでしょうか。また、肌荒れの原因や対処法に違いはあるのでしょうか。

妊娠するとニキビや吹き出物ができたり、肌が荒れやすくなります。妊娠することで女性ホルモンの「プロゲステロン」が大量に増え、皮脂の分泌が促されるため、肌が脂っぽくなったり黒ずんだりという症状が出てくるのです。更に、つわりによって食事がとれないことによる栄養バランスの偏りや、水分不足による便秘もまた、肌荒れが起る原因になります。そのため、妊娠中の肌荒れ対策としては、水分補給と化粧水、乳液、美容液などによる保湿が重要です。また、メラニンの分泌が活発になっていますので、シミ予防のために、いつも以上に紫外線対策をしっかりと行いましょう。

産後の肌荒れの原因の多くは、ホルモンバランスの急激な変化によるものです。女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」は、産後急激に減少します。出産直後の分泌量はほぼ0になり、時間を追うごとに少しずつ増えていき、生理が再開します。そんな嵐のような急激なホルモンバランスの変化が肌荒れを起こしてしまいます。慣れない育児での睡眠不足や、不規則な生活リズムによる便秘もまた、肌荒れの原因のひとつです。肌荒れを防ぐには、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。ビタミンAやビタミンCなどのビタミン類や、良質なたんぱく質を積極的にとると良いでしょう。また十分な睡眠をとることは肌荒れ対策には欠かせません。その上で化粧水や乳液、美容液を気になる部分にたっぷりと塗り込むことも忘れずに行います。しかし、産後すぐにはじまる育児に追われ、分かっていてもなかなかうまくはいかないこともあるかもしれません。赤ちゃんが大きくなるにつれ、ホルモンバランスも次第に元に戻ります。あまり思い悩むことなく、なるべくリラックスして過ごすことが、今できる肌荒れ対策なのかもしれません。